04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

円高

2008.10.28 (Tue)

株価が急落して、(直接関係があるのかわかりませんが)かなりの円高になりました。
今日は朝から、お隣の都市にトラベラーズ チェックを買いに走りました。
仕事で海外に行く機会があるので、そのために円高になると少しですが、チェックを買っています。

今年に入って私たちの町では、トラベラーズ・チェックを扱う銀行がなくなりました。
今春、そんな訳で隣都市まで行っていましたが、今回はなんと○○銀行も、○○信用金庫も、もはや扱っていないので、もう一つ隣の大都市の本店まで行くようにと言われました。

春にも、トラベラーズ チェックをちょこっと買うくらいで、かなりの厳戒態勢だなぁと思っていましたが、ますますその傾向が強くなりました。なぜ、何故だろう・・??
おまけに、「自宅に届けることも出来ますが、その場合は別途手数料がかかります。」と言われました。「そ、そんなに売りたくないの?」

その他の銀行さんに言ってみたら、もう少し寛容に対応して頂けましたが、レートが高かったので、こちらはあきらめました。

結局ゆうちょ銀行で対応してもらいましたが、受付の方に聞くと、やはり今日は、かなりのチェックが売れて、残りわずかだということでした。
スポンサーサイト
16:56  |  経済  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

「最後の黄金時代が来た」を読んで

2008.07.03 (Thu)

投資の勉強をしようと読書をしていますが、これからの経済、特に日本について知りたくて、
今井さんの本を購入しました。

「最後の」という言葉と「黄金時代」とはどういうことなのか・・。

ここ最近の日本経済はインフレにならず、暮らしも快適で生活の程度も切り下げて行かざるを
得ない状況にもならない。経済全体も政府の借金も、クラッシュするというような心配はとりあえずない。世界的に見ても、最近では、中国に代表される新興の途上国が近代化を始めた、とあります。そして、そのような国々が近代化をする中で、日本製品は珍重されるようになった。日本のGDPの約2割は輸出で、これは空前の記録だそうです。中国では、日本製の部品を加工して、アメリカにや日本にもってくる形になり、結局中国の成長は日本にとっても、メリットになっている。

また、設備投資も景気を引っ張っており、国内の工場用地はほとんど足りなくなっているのが現状とのこと。家電や自動車業界でも、コアの部品は日本で作り、完成品は中国で作るので、労働力は安く賄えます。賃金が上がらなければ、インフレにならないので、金利も低く、キャッシュフローが手元にたまり、思い切った投資ができる。日本では、バブルのときの利益をすでに超えているそうです。

自動車では、ハイブリッドや新型のディーゼル社の開発でも日本は相当進んでおり、電機でもプラズマや液晶の大型薄型テレビのメーカーが日本に林立している。まさに「黄金時代」といえる。

これらの話は輸出産業に関する話なので、輸出に携わる人以外は、現在のところ実感がないでしょう。しかし、いずれはじわじわと景気の良さを実感できるようになる、とのことでした。

「最後」といっても、日本経済がクラッシュするのではなく、やがて少子高齢化の影響が進展し、日本は穏やかな「小国」になるのではないかと予測している。歴史的にみても、世界で覇を唱えた国もやがて落ち着いていく。大きくはなくても幸せな国になっていく、とのこと。

この本が出版されたのは、2007年の秋で、現在は2008年夏。原油価格がこんなにも高騰して、ガソリン価格が上昇し、食料等の値上げも続いています。本当に景気の良さを実感できるようになるでしょうか。でも、大きな時代の流れでは、今井さんの経済予測のようになることを期待しています。


最後の黄金時代が来た―2008-2012どうなる日本経済 かくて日本はツキまくる
今井 澂
幸福の科学出版
売り上げランキング: 86596
おすすめ度の平均: 4.5
4 日本経済の未来を考えさせる良書
5 経済の考え方がわかった
4 2008-2012年・・最後の黄金時代の到来を語る




16:41  |  経済  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。