06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

進路

2008.07.31 (Thu)

次女は、今日東京の大学のオープンキャンパスに出かけました。
初めての東京一人旅、先月は関西だったので、一人旅は2回目です。
幸い、同大学に娘の高校の卒業生が在学していて、今日はその先輩に案内してもらうことになっています。

次女は、最近間近に迫った受験大学の選択にいろいろと考える毎日です。
今回の大学の希望学部は文化構想学部といって、文科系の学部ですが、アナウンサーになることが
夢なので、その希望には近い学部であるようです。

娘の大学の情報を一緒に集めて、検討していると、私自身ももう一度大学に行きたくなりました。
今は娘2人の学費を作ることに専心しているので(笑)、いつか私も何らかの形で、大学で再度学べるといいな、と思っています。
スポンサーサイト
10:39  |  日記  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

英語の多読

2008.07.27 (Sun)

猛暑が続いています。
自宅で仕事をしていても、正午近くにはパソコンの前で暑さでぐったりとしてしまいます。
なるべくクーラーをつけないように、と心掛けていますが、昼からはクーラーのお世話になっています。

さて、最近英語の多読を始めました。
はじまりは、牛印牛乳さんの「読書で英語」を拝見してからです。
牛印牛乳さんのページから、「百万語多読入門」を知って購入しました。この本では、英語を英語のまま(日本語に訳さずに)理解する為に、かんたんな英語の本をかなりの量、読むことを薦めています。幸い、大分県には、これらの本を貸し出す施設があるので、そこで会費を払って、読むことにしました。

英語の実力をつけるには、多読が大切だと、日ごろから感じていたので、わが意を得たりと、早速実行することにしたのです。先日、とりあえず35冊を借りてきました。35冊といっても、今回借りたのは1冊900語前後なので、すぐに読めます。速読してしまうのが良いのかはわからないのですが、とにかくすぐに読めてしまいます。この多読で頭の中の英語→日本語の回路から、英語オンリーの回路に近づけばよいな、と思います。まだまだ遠い道だと思いますが、頑張ります。

100万語多読入門【CD付き】
古川 昭夫 伊藤 晶子
コスモピア
売り上げランキング: 20537



09:59  |  英語  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

近況

2008.07.18 (Fri)

仕事のサイトをリニューアルする為、商品設定やレイアウト等、一から入力しています。レイアウトをあれこれ考えて、ネットサービス会社にスタイルシートのタグについて質問、また質問の毎日です。

今回、新しくギフト商品を計画しているので、ギフト梱包材料を探しています。今日もこれから梱包材料会社を訪問する予定。一歩ずつ、進んでいきます。

08:38  |  仕事  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

レイキセラピー

2008.07.10 (Thu)

5月に「レッツ 脳トレ!」でお世話になった藤咲 里花さんの新オフィス「旅所 佳舎」& セラピー&カウンセリングハウスKARONにお邪魔してきました。そして、初めてレイキセラピーを受けてきました。レイキとは、気巧によく似たハンドヒーリングだそうです。

実際、手を当ててもらったところがとても暖かくて、その箇所だけでなく、身体の手の先までその暖かさが貫かれているような感じでした。その感覚は、今もまだあって、顔から肩、腕のあたりが全体にポカポカします。って夏なので暑いだけでしょ、と思われそうですが、そうではなく、なんだか心身ともにリラックスした感じです。

また、身体の各箇所をヒーリングしてもらうときに、誰も知らない私の身体の状態を言い当てられたのにも驚きました。読書のしすぎで、頭が情報で一杯になっていること、右手の肘の疲れなど・・。

海外では、病院や福祉・医療現場などでレイキが活用され、健康保険適用となっているところもあるそうです。

アメリカなどでは、日本に比べてもっと一般的に、仕事帰りに気軽にカウンセリングに行くと聞きます。情報が錯綜して多様性に富むこの時代に、心身のバランスを崩さないように、自分なりにメンタル・フィジカルなケアを心がけたいと思っています。

「旅所 佳舎」& セラピー&カウンセリングハウスKARONは、湯布院の駅から徒歩20分、車で5分の場所にあり、旅館として、そしてセラピー・カウンセリングハウスとしてもご利用できます。私は、洋室にてセラピーを受けましたが、建物全体が「癒しの空間」で、各部屋(和室、洋室があります)には片面ガラス張りのお風呂と眺めのすばらしいデッキがついていて、ロビーの吹き抜けのすがすがしさや、エスニックな大きな家具、調度品にも感動しますよ。機会をみて、休日に憩いを求めて、泊まりに行きたいと思っています。


藤咲さんのご著書です。
病気(やまい)からの贈り物 (ノベル倶楽部)
病気(やまい)からの贈り物 (ノベル倶楽部)藤咲 里花


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

18:22  |  健康  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

新・英会話学習法

2008.07.08 (Tue)

我が家ではネットの通信はNTTのフレッツ光を利用していますが、電話も「ひかり電話」となります。それで、仕事で海外へ電話するとき、アメリカの場合は1分9円です。電話で英語を話すのは、なんとかなるにしても、ネイティブから長い文章を話されると聞き逃すことが多いです。そんなときには、"I'm not good at listening English, so speak more slowly,please."と頼みます。それにしても、家にいて、仕事をしながら英会話の勉強ができるのは、So good ! ではないでしょうか。

ひかり電話で1分9円なので、1時間話しても540円です。いまどき、英会話スクールで1時間540円の授業料で教えてくれるところは、ないでしょうから、とてもお得な勉強法とはいえないでしょうか?にこっ☆

もちろん、仕事でなくても、例えば海外の通信販売の問い合わせに、どんどん「ひかり電話」を利用するとよいのでは・・!すぐに英語が出てこないと思ったら、前もって質問内容を紙に書いて予習をしておくといいですよね。私自身、海外の仕入先に電話をして、たとえば発送のトラッキングナンバーを教えてもらうとき、質問内容が担当者にすぐにわからなくて、よく"Hold on, please."といわれて、電話口で待たされますが、1分9円だと比較的気楽に待つことができます。

通常海外の通販のページでは「800」がついたフリーダイヤルがありますが、残念ながら、日本からは通話料金無料とはなりません。たしか、自動音声で(英語で)無料とはならないと伝えられると思います。その後、必要なボタンを押してオペレーターにつながったように思います。ちなみに私は、このフリーダイヤルではないローカル電話番号で掛けています。通販ページの"Contact Us"のページに、フリーダイヤルと一緒にこのローカル番号も表示されていることが多いと思います。

ネットでちょっと検索してみたら、このようなブログがありました。
国際電話の達人日記
私のやり方以上にもっとお得な国際電話の活用方法があるかもしれませんね。

(ご注意) NTTの光電話を利用するには、月額基本料とひかり電話関連機器の利用料のほか、光ファイバ利用料(Bフレッツ/フレッツ・光プレミアム)が必要です。
12:06  |  英語  |  Trackback(1)  |  Comment(0)

「最後の黄金時代が来た」を読んで

2008.07.03 (Thu)

投資の勉強をしようと読書をしていますが、これからの経済、特に日本について知りたくて、
今井さんの本を購入しました。

「最後の」という言葉と「黄金時代」とはどういうことなのか・・。

ここ最近の日本経済はインフレにならず、暮らしも快適で生活の程度も切り下げて行かざるを
得ない状況にもならない。経済全体も政府の借金も、クラッシュするというような心配はとりあえずない。世界的に見ても、最近では、中国に代表される新興の途上国が近代化を始めた、とあります。そして、そのような国々が近代化をする中で、日本製品は珍重されるようになった。日本のGDPの約2割は輸出で、これは空前の記録だそうです。中国では、日本製の部品を加工して、アメリカにや日本にもってくる形になり、結局中国の成長は日本にとっても、メリットになっている。

また、設備投資も景気を引っ張っており、国内の工場用地はほとんど足りなくなっているのが現状とのこと。家電や自動車業界でも、コアの部品は日本で作り、完成品は中国で作るので、労働力は安く賄えます。賃金が上がらなければ、インフレにならないので、金利も低く、キャッシュフローが手元にたまり、思い切った投資ができる。日本では、バブルのときの利益をすでに超えているそうです。

自動車では、ハイブリッドや新型のディーゼル社の開発でも日本は相当進んでおり、電機でもプラズマや液晶の大型薄型テレビのメーカーが日本に林立している。まさに「黄金時代」といえる。

これらの話は輸出産業に関する話なので、輸出に携わる人以外は、現在のところ実感がないでしょう。しかし、いずれはじわじわと景気の良さを実感できるようになる、とのことでした。

「最後」といっても、日本経済がクラッシュするのではなく、やがて少子高齢化の影響が進展し、日本は穏やかな「小国」になるのではないかと予測している。歴史的にみても、世界で覇を唱えた国もやがて落ち着いていく。大きくはなくても幸せな国になっていく、とのこと。

この本が出版されたのは、2007年の秋で、現在は2008年夏。原油価格がこんなにも高騰して、ガソリン価格が上昇し、食料等の値上げも続いています。本当に景気の良さを実感できるようになるでしょうか。でも、大きな時代の流れでは、今井さんの経済予測のようになることを期待しています。


最後の黄金時代が来た―2008-2012どうなる日本経済 かくて日本はツキまくる
今井 澂
幸福の科学出版
売り上げランキング: 86596
おすすめ度の平均: 4.5
4 日本経済の未来を考えさせる良書
5 経済の考え方がわかった
4 2008-2012年・・最後の黄金時代の到来を語る




16:41  |  経済  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。