10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

歯科医について

2008.11.13 (Thu)

今、歯医者に通っています。
健康の為に日ごろ、歯磨きやデンタルフロスなどを使って、歯のケアには気をつけていたつもりでしたが、虫歯が進行していました。

ところで、今回虫歯を自覚して治療に行ったところ以外も「虫歯です」といわれた歯が多かったのです。今までの経験と、ネットで調べてみた結果、歯医者によって、虫歯としてすぐに削る医師、そうでない医師がいます。今回の医師は後者のようです。

見た目はまったく欠けた状態でないのに、いきなり「虫歯ですね」といって、削られました。
いきなりで、断る余裕もありませんでしたが、その後自宅でいろいろと調べてみて、
私の希望を電話で伝えました。今後は、要注意です。

また、白い「硬質レジン」というものをつめるか、金属をつめるかなどの希望も、前もって訊ねることも
せず、銀を詰めるつもりで、型を取られました。これは、比較的前歯に近い歯だったので、大変驚きました。

今回の歯は、かぶせるのではなく、つめるだけなので、白いレジンは保険対象ですが、4番5番の歯でも、かぶせてしまう場合も、保険対象となります。ただ、私の住んでいる町や周辺の歯医者では3番まで保険対象としているところが多いです。強度から言うと、硬質レジン(白色)よりも、金属のほうが耐久性があるのですが、前歯に近い場合は金属を使うのは、ためらいがあります。強度があり、白いかぶせものにしたい場合は、高額になりますが、セラミックなどを使用できるようです。

以上、歯科治療を受ける上で感じるところがあったので、書いてみました。
スポンサーサイト
08:34  |  日記  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。