11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

年末あれこれ

2008.12.26 (Fri)

クリスマスも終わり、いよいよ年末も押し詰まってきました。
スーパーマーケットでも、おせち料理のための様々な材料が並びはじめました。

我が家では東京から帰ってきて、先日やっと年賀状のデザインができたところ。毎年adobe Illustratorで下手の横好きで、頑張って作っています。
今夜は長女が近県から帰ってきて、明日は振袖着付けの下準備に親戚のスタジオに行きます。
そろそろ、正月のお年玉などの用意をと、銀行に新札に両替に行ったり、運営しているショッピングサイトに年末年始休暇のお知らせをしたり、また、海外仕入れの価格をネットで調べたりと仕事は尽きません。

先日読んだ「海からの贈り物」で、著者は「女性は毎日、自分を取りこぼして生きている」と書いていました。(私は)それが女性の役割のひとつだと思いつつ、もう少し仕事に集中できる良い方法はないかと、いつも考えています。「7つの習慣」のスティーブン・R・コヴィーは、時間管理のマトリックスの中で、重要だが、緊急でない領域に集中することが効果的な自己管理となると述べています。この領域に時間を投資することで、他の領域の問題をなくしていくことができ、生活のバランスがとれるようになるとのこと。来年は、今の勉強・仕事をさらにステップアップできるように、2009年度の計画を立てる週単位のレフィルも用意しました。

7つの習慣―成功には原則があった!
スティーブン・R. コヴィー ジェームス スキナー
キングベアー出版
売り上げランキング: 37
おすすめ度の平均: 4.5
5 就活するならこれを読め?
5 レビュー通りの良書でした。
5 いいね.....
5 一貫性があり説得力があります。
5 当たり前のことが難しい
スポンサーサイト
17:22  |  女性として  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

毎日がお祭り

2008.12.22 (Mon)

娘の大学説明会に母娘で上京して来ました。
来春から早稲田大学 文化構想学部に通います。
キャンパスは、早稲田キャンパスから歩いて5分の戸山キャンパスになります。
こちらは、文学部・文化構想学部のキャンパスで女子学生が多いので、
本キャン(早稲田キャンパス)から男子学生がよく来るそうです。(笑)
写真は早稲田キャンパスの大隈重信像と彼が見つめている大隈講堂です。 

大隈重信像

大隈講堂

推薦入学試験に合格した学生の説明会に参加してきましたが、各教授のお話は、ユニークで楽しいものでした。入学まで、本を50冊から100冊読むことも薦められました。最寄駅の高田馬場から早稲田までの通りを歩くことは「馬場歩き」と言われていて、通りには多くの古本屋があります。一冊10円位から様々な古書などが売られており、このような環境で娘がこれから学生生活を送ることをとても嬉しく思うとともに、羨ましくもあります。

ある教授のお話では、「早稲田は楽しい所です。」どれくらい楽しいかというと、以前にある国立大学の教授を10年務めていたときに学祭があって、そのときに学内が盛り上がるのですが、その楽しさが早稲田の場合、毎日あるとのことでした。つまり、「毎日がお祭り」ということでしょう。

また、文学部・文化構想学部の文学部を創始したのは、坪内逍遥であると聞きました。
偉大な先人の姿勢・生き方を尊敬して、その流れを汲んで学び、それを次の世代に伝えるという教授陣の意気を感じました。

教授の話を聞いていると、親の私も段々と意識が高揚してきて、「また大学生になって学びたい」と強く思ってしまいました。
21:43  |  日記  |  Trackback(0)  |  Comment(4)

東京へ

2008.12.18 (Thu)

週末に次女と合格が決まった大学の説明会のため、上京します。
今月に入ってから、とても忙しい日々を送っています。
師走っていうけれど、本当に最近、家の中を走っています。
(私は先生ではありませんが・・英語の教員免許だけ持ってます)
TVも殆ど見ないし、寝る前の読書もベッドに入るや爆睡です。

朝次女がTVをつけるので、その間だけ弁当を作りながら見ますが、連日、企業の経費削減や不況について報道されています。それから麻生総理への批判だとか。現実を伝えるのは大切ですが、それ以外に国民が元気になるような前向きな報道を期待したいです。マスコミの使命だと思うのですが・・・。
08:15  |  日記  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

海からの贈り物

2008.12.12 (Fri)

何年か前、何かの本でこの本を紹介していました。
そして、図書館で、英語と日本語対訳のものを借りて読んだことがあります。

細かい内容は忘れてしまいましたが、女性が家事・子育て・仕事等をしながら、その生き方を時々、海に語りかけるように自問したものでした。私が読んで一番印象に残ったのは、女性にとっての人生は 「distraction 気の散ること」が多いということでした。著者のリンドバーグ婦人は、大変優秀な人で、たしかパイロットの仕事もされていたと記憶しています。その彼女が生活のあらゆる雑多な仕事をこなしながら、人生を前向きに見据えて語る口調はとても詩的に感じました。もう一度、読み直してみたいと思っています。

海からの贈物 (新潮文庫)
アン・モロウ・リンドバーグ 吉田 健一
新潮社
売り上げランキング: 49019
おすすめ度の平均: 4.5
5 心に深くひびく贈り物
5 読むたびに新鮮な気づきが得られる本
4 「静寂な魂の思索者」
4 女の人の人生って何なんだろうか
5 人生を貝殻から見つめ直した『視点』が素敵です


それから、渡部先生の「人間らしさの構造」は、「生きがい」について書かれた大変優れた本だと思いますが、そのなかで、女性についての生きがい、生き方についての考察があります。渡部先生がこの本を書かれた当時と現在とでは、女性の立場や社会の情勢も違うところがあるとは思いますが、女性としての本質や生き方に対する見識は本当に参考になるものです。


人間らしさの構造 (講談社学術文庫 143)
渡部 昇一
講談社
売り上げランキング: 390283
おすすめ度の平均: 5.0
5 名作。
5 25年間にわたり判断の道標になっています
5 ココロの定規本
5 いつまでも心に残る名作


10:59  |  女性として  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

英文法は大切

2008.12.12 (Fri)

仕事の関係で、海外の仕入先との電話での会話で・・。
"Let me know when you ship out our order......"と私が言った後で、相手から "when I will?"と聞き返されました。

今回は、一部商品のバックオーバーで、商品の出荷が止まっているので、私は、「いつ発送するか教えて下さい」と聞きたかったのに、うっかり、上記のようにwhen節にwill を付け忘れたのです。
文法を知っていたら、当たり前のことですが、will があるのとないのでは、意味が違います。

will がない場合は、「注文品を発送するとき、知らせてください。」 副詞節
willがある場合は、「いつ発送するか知らせてください。」 名詞節

このような比較的初歩的な文法を間違えるといけません。
英語圏の人の即座の反応に、「やっぱり文法は大切」と身をもって感じました。
10:05  |  英語  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

The way of speaking in English

2008.12.09 (Tue)

今朝は、アメリカの仕入先に電話を入れました。
注文した商品が仕入先でバックオーダーがかかっており、なお商品入荷待ちであるので、その後の入荷状況を確認する為に連絡を取りました。

電話での英会話はだいぶん慣れてきましたが、なお克服すべきことが一杯です。
今朝は、比較的長い長文を話すときに気づいたことがあります。
それは、複文、例えば、「もし~なら、○○は~です」などの意味を英語で話すときのこと。
最初のIf節は、すぐに話せるのですが、そのあとに続く文章を人称でスタートさせようか、物、事を主語にしようかと迷いました。
英語を話すとき、今なお日本語から英語に瞬時に翻訳することが多いと思うので、とっさに日本語と英語が頭の中で、ごっちゃになってしまいます。
まだまだ、会話足りうるだけの英語の日常会話の絶対量が少ないのでしょう。この点、今後の私の課題だと思います。

でも、英語を話して脳と口の連携を感じるのは、快感(笑)です。
また国際電話を切った後、また聞きたいことを思い出したときも、ひかり電話にしてから(経費の点で)気軽に再度電話ができるようになったことが、とても嬉しい。
便利な時代になりました!
09:10  |  英語  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

続 年末の足音

2008.12.09 (Tue)

年賀はがきを買って、一ヶ月を過ぎてやっと作り始めています。
毎年、娘たちの写真を盛り込んでいましたが、2人とも大学生となる(次女は来春から)と、「写真はやめて」と拒否され、今回から写真は載せないことにします。なんか、淋しい・・のですが。

次女の大学合格が確定し、長女の成人式の振袖を新調し、と我が家では経済的な需要がピークに達しているこの頃です。その上、私は新しいノートパソコンが欲しくて、あと来年は是非、フォト・リーディングのセミナーを受講したいと思っています。数々の需要を満たす為には、もっと仕事に精を出して頑張らないとなりません。

と言うわけで、昨夜は床につきながら、運営しているネットショップの新しいコピーを考えていました。
そうしたら、朝目覚めたときに、思いついたので、これも渡部先生の「マーフィ 眠りながら成功する」(翻訳者の大島淳一さんは渡部先生のペンネーム)のお陰かな、と思いました。

マーフィー眠りながら成功する (上) (知的生きかた文庫)
J.マーフィー 大島 淳一
産能大学出版部
売り上げランキング: 1241

08:14  |  日記  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

「知的生活の方法」渡部 昇一著

2008.12.06 (Sat)

知的生活の方法 (講談社現代新書 436)知的生活の方法 (講談社現代新書 436)
渡部 昇一

講談社 1976-01
売り上げランキング : 1348
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


私がはじめて、この本を読んだのは、次女が生まれてまだ間もない頃だったと思います。
「知的生活」をしたい、つまり本当に学びたいと思ったのは、高校時代・大学時代・OL時代でもなく、結婚して子供を生んだ後だったというのは、どうなんでしょう?
とにもかくにも、私が本当に学びたいと思った頃に出会ったのが、この「知的生活の方法」でした。
前回に紹介した「クオリティ・ライフの発想」も大変知的に刺激を受けるものでしたが、この「知的生活の方法」の方が、衣食住にわたって細かく考察が述べられています。時には歴史上の知的偉人の例を挙げながら、そしてもちろん、渡部先生ご自身のそれまでの実に人間味あふるれる知的体験術が披露されています。

この本には、当時の私が特に大切に思われた箇所にインデックスやラインを引いています。渡部先生は本を読んで、感銘を受けたところや関心の強い場所にはラインやしるしをつけることを薦めています。確か、勝間さんはライン等をつけると、今度読み返すときにその箇所が目に入りやすいので、それ以外のところの重要性を逃してしまうかもしれない、と仰っていたと思います。反対に渡部さんは、今度読むときには、大切な場所を押さえて読むので時間の短縮につながり、効率が良いと述べられています。

私は、勝間さんの言われることも、渡部さんの言われることも要を得ていると思えます。
ラインを引いた場合は、要約して読むことになり、もしかしたら一種のフォトリーディングになるのでは・・と思っています。実は、フォトリーディングはその方法について本で読んだだけで、実際にセミナーに参加して学んでいないので、確証はないのでないのですが・・。一方、勝間さんはフォトリーディングは慣れていらっしゃるので、きっとラインなどは引く必要がないのかもしれません。

それから、「タイム・リミット」、「ハマトンの見切り法」の項について。
渡部さんは、イギリスのケンブリッジ大学のスキートが大著「英語語源辞典」を作ったときの方法について、どんな難しい語源の単語にも3時間異常の調査はせず、「見切り」による制限をつけ、とにかく辞書を完成する方が学問に寄与するところが大きいと割り切ったことを語っています。
この例から、私たちも1日24時間を生きていることを踏まえて、時間の使い方は賢明に使うことを強調しています。たとえば、「万葉集」を読了する場合、どんな難しい短歌にも5分以上の時間をかけないこと、タイム・リミットをつけて読めば、比較的短時間に「万葉集」も読了できる。同じ理由で、「知的生活」著者ハマトンも、古典を読むときは、英訳対象になっているもので満足するようにと薦めているそうです。この見切りということは、勉強をする上で、場合によって仕事にも大切な点だと思えます。



01:26  |  渡部 昇一先生  |  Trackback(1)  |  Comment(2)

「クオリティ・ライフの発想」 渡部 昇一氏著

2008.12.04 (Thu)

「10年後あなたの本棚に残るビジネス書100」神田 昌典/勝間和代 共著 で紹介されている渡部昇一先生は、ここ20年近く私にとって、知的な意味で心の中で師と仰いでいる方です。先生のご著書は、国家、政治、歴史やご専門の英語学、言語学について、それから知的生活についての優れた洞察と具体的な方法論は、私には、もう精神の栄養となって切っても切れないものになっていると言っても過言ではないと思っています。

ブログをよく拝見しているシジロさんから、渡部先生のお薦めの本はと、質問を受けたので、私なりに紹介したいと思います。

P1060369.jpg

写真の本は、「知的生活」や「知的発想法」に関連するものです。
渡部先生の本の中で特に私のお気に入りのものを集めてみました。
これらの本は、今でも時々本棚から出して読み直すことがあるものです。

クオリティ・ライフの発想―ダチョウ型人間からワシ型人間へ (1977年)
渡部 昇一
講談社
売り上げランキング: 738366
おすすめ度の平均: 5.0
5 忙しい人ほど沈黙の時間が必要



「知的生活の方法」と同じく知的生活を送る上で実生活で役に立つこと、たとえば「散歩の効用」について。散歩の時間は、知的時間帯になるということ。つまり日常の時間間隔から離れて、過去や未来の時間に自由に出入りできるもの、「時間からの自由-なんと人間的なことではないか。」と語られています。

また、知性をインテリジェンスとインテレクトに分けて説明されています。インテリジェンスとは、一般に学校の成績に直結するような頭の良さ、そしてインテレクトとは、もっと根源的な内省的なもの(だと私は理解しています)。例えば、経営者的発想がインテレクト、社員的もしくは管理職的発想がインテリジェンスと言えます。前者は社会、時には地球や宇宙規模で俯瞰すること、後者はそのときそのときの実務をこなす能力と言えそうです。渡部氏は、地に足をつけて歩くダチョウと、ゆうゆうと空を飛ぶワシを例に挙げて説明されています。

続きはまた次回に・・。

18:02  |  渡部 昇一先生  |  Trackback(1)  |  Comment(5)

10年後あなたの本棚に残るビジネス書100

2008.12.01 (Mon)

10年後あなたの本棚に残るビジネス書10010年後あなたの本棚に残るビジネス書100
神田 昌典

ダイヤモンド社 2008-10-31
売り上げランキング : 41
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

神田昌典さんの本やCDにはまっています。
この入れ込み方は、十数年前の渡部昇一さんの本との出合いに少し似ています。
仕事と家事の合間に読んだり、車の中でCDを聞いています。
YouTubeでも神田さん関係のいくつかの動画を見ました。
(先週くらいまでは、ジュリー(沢田研二)の若き頃の動画に酔っていましたが・笑)

昨日、本屋に立ち寄ってやっぱり買うことにしたこの一冊。
中を見て驚きました。
な、なんと私の愛読書の「バシャール」と私の敬愛する渡部昇一先生を紹介されているではありませんか!神田さんも、渡部さんの「知的生活の方法」で啓発されていたのですね・・。
思えば、私も渡部さんの本を読んで感動した初期の本はこの本でした。

神田さんが、勝間さんの「効率が10倍アップする新・知的生産術」は、渡部さんの「知的生活の方法」の現代版だと言われていましたが、納得!です。

渡部さんの名をつく本や雑誌はかなり買っています。
そういえば、10年くらい前に、一度ファンレターを書いたこともありました。
返事は、秘書の方から頂きましたが・・。

神田さんに何かシンパシー(こちらから勝手に)を感じていたのも、何か合点がいくように思いました。
写真は、渡部先生の本(一部)を並べた私の本棚です。

wata.gif

17:20  |  神田昌典氏関係  |  Trackback(0)  |  Comment(7)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。