03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

キッチンの窓から

2009.04.26 (Sun)

仕事の今後の方針・目標達成の具体的な計画・現状の改善方法など、考えたり、娘たちの将来や生活・健康などの心配をしていて、せっせと炊き出しをして料理をクール便で送っていたら、少々疲れてしまいました。そうして、自分にとって、何が一番大切なのか、と考えてみました。

思えば、結婚して、子どもが生まれ、家庭で子育てに専念したのも、外で働くよりも子どもと一緒に居たいと思ったからです。(経済的に許されるなら)仕事を優先して子どもを保育所に預けることは私には考えられませんでした。女性が家庭で家族に果たす役割は、日常生活において、一般的に男性よりも大きいでしょう。ある意味、自分の時間を削って、自分の楽しみを横において、生活をしないとなりません。「海からの贈り物」のリンドバーグ婦人が言うように、女性は、自分の目標に対して集中して行動をするには、「気のそれること」が多いのです。

だから、仕事の目標が達成できない、進捗が遅いと言い訳をしたいのではありません。
くたくたになって、やる気がおきなくなったとき、それでも子どもの成長に喜びを感じることができることに、そして何か手助けができることに感謝したくなりました。だから、そんな自分も、いいとこあるじゃん、と思いました。

「キッチンの窓から」というネーミングは、我が家のHPの主婦のエッセイのページのタイトルを引き継いでいます。当初は何も仕事をしていませんでしたが、「将来、仕事をすることになっても、家族をケアする視線、キッチンから外を眺める視線を忘れずにいたい」という思いで付けました。現在は、輸入品のネットショップを運営していますが、やっぱりこの気持ちはずっと持ち続けていくと思います。

だから、また頑張っていきます。
スポンサーサイト
14:52  |  日記  |  Trackback(0)  |  Comment(4)

Where am I ?

2009.04.20 (Mon)

ゴールデンウィークもまもなくやってきますが、皆さんは休日の予定はいかがですか?
我が家では、ゴールデンウィーク、盆や正月はなるべく県外に出ずに近場ですごすのが通例です。
今回も、主人はゴールデンウィーク前半は、田舎の椎茸のコマ打ちに勤しみ、後半はお気に入りのスピーカーのコーンの張替えをすると言っていました。私は、いつもよりちょっと足を伸ばして、小倉で開催されるインポートフェアに友達と出かける予定です。

娘二人は、それぞれに大学生活でゴールデンウィークは帰ってきません。(多分泣き顔)長女は3年生になり、いよいよ就活を開始しています。
この夏休みには、企業がインターン制度で、春から(来春や来々春)就職を希望している学生を対象に夏休みの期間の研修を募集しています。娘も参加すべく、申し込みをします。

次女は、上京したばかりで、帰ってこないですが、まだ新生活に慣れずに苦労しているようです。次女と同じように、地方から上京している新しくできた友人と「帰りたい、帰れない」と話しているようです。

昨夜、電話をしたら、最近、自分はどうしてこんなに離れた東京に一人でいるのか?
何のために生きているのか?・・さらに人間はなぜ生きているのか?神様はなぜアダムとイブを作ったのか?(キリスト教徒ではありませんが)と哲学的なことを考え始めたようです。
今まで、親と同居して当たり前に生活してきた、そのことが当たり前ではなかったと気づいたのか、いろいろと娘なりのユニークな疑問が出てきたようで、それも成長のひとつとして、見守っていることにします。
10:21  |  日記  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

つぶやき

2009.04.15 (Wed)

今日のブログのタイトルを何にしよう、と思って思いつかなかったので、このタイトルにしました。

娘の大学生活の準備をして帰省してまもなく2週間。
その間、ほとんど毎日のように娘と携帯電話で会話をしているので、それほど淋しさを感じていません。時折、夕飯のときなどに無性に孤独感を感じるときはありますが・・。
それよりもまだ娘が新生活をうまくやっていけるか、とかの心配や、大学の授業内容や教授の話などを聞く楽しみもあります。
基礎演習の教授のブログのURLを教えてもらったので、よくそのブログを訪れるようになりました。
大学の教授って(学部や教科によってもさまざまでしょうが)こんなこと、考えているのかとか、こんな本を読んでいるのか、とかまた、東京の暮らしってこんな感じなんだ・・とか違う世界を垣間見るような気がしています。

さて、娘たちが大学生となり、県外に出たことで、「淋しくない?」とよく聞かれますが、私自身はそれほど、深刻に感じていません。
ひとつには、ネットで仕事をしていて、それなりに忙しいこと、そして日本中のお客さんや海外の仕入先とも連絡をとっているので、なんとなく連帯感があるということ。
それから、もうひとつは、私の人との付き合い方にも関係していると思います。
何年も会っていなくても、昨日別れたような感覚で、再会して話ができる友達が何人かいるということ、だと思います。
意識はしていませんが、「浅く広く」、ではなく「深く、狭く」付き合うタイプなのだと思います。

4月に入って、やっと通信教育の勉強を再開しました。
それから、これからネットで販売する女性用の新商品の開拓をしたいと思います。
昨日、我が家に訪れた友人も、ネットオークションで販売する輸入品を検討していて、私のノートを使って、いろいろと検索していましたが、ひとつのブランド品でも、数え切れないくらいの人たちが、さまざまな値段をつけて販売しています。その人たちとどこで差別化をつけるか、または全く違う商品を開拓するか、いろんな可能性があると思います。

P1000150.jpg
庭の花を摘んでダイニングテーブルに飾りました
16:23  |  日記  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

日常に戻りました

2009.04.08 (Wed)

次女の大学入学式から戻って、日常にもどりつつありますが、やっぱり色々と忙しい毎日です。
上京中は、思ったほど、ブログをアップできませんでしたが、「国東の南から東」というお仲間との共同ブログの方にも少しアップしていますので、よろしければ覗いてみてください。私の担当は"2"のつく日です。なので、新しいところでは、3月22日と4月2日に更新しています。4月2日の方は、大学の入学式の内容を紹介しています。

私は日常に戻ったとはいえ、娘は履修届を終えてなお、クラス編成をする為のテストなどもWEB上で受けることになっており、遠隔ながら、WEB環境などの微妙な調整などをサポートしています。近頃の大学は履修登録も、レポートも、クラス編成テストなどもWEBでするのには、ちょっと驚きました。私たちの時代とは大分違ってきましたね。

自らの仕事と娘の履修や新生活の心配ごとなどを聞きながら、1日は暮れていきます。
就寝時に、久しぶりに詩集などを読んで感動して、自分ってかなりのロマンチストだったんだ・・なんて気付きました。



12:19  |  日記  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。