04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

安心感

2009.05.27 (Wed)

[朝食] スコーン チーズクリーム添え・豆腐の味噌汁、ご飯、漬物、白和え、玄米茶
スコーンはお友達が来たときや、友達の家に遊びに行くときの手土産によく手作りします。
イギリスでは、アフタヌーンティのときに、クロテッドクリームというのを付けて食べるスコーンですが、この本場のクロテッドクリームは手に入りにくいので、いつもチーズクリームで代用しています。
味噌汁は、昆布と鰹節で出しを取るのが一番好きです。
年齢と共に、食事の量は減りつつありますが、その分、質を大切にしています。
白和えも、大好きです。昨日、夕方無性に豆腐が食べたくなり、夕食に白和えを作りましたが、その残りを今朝も食べました。

食べ物は、心と体に栄養と満足感を与えてくれますが、もうひとつ感じた今日の安心感は・・
よく、海外の仕入先に電話を入れますが、話す英語が長くなると自分でもどんな構文だったかとか、商品の型番とか何をしゃべっているのか、わからなくなるときがあるのですが、相手は私のしゃべることを私以上に理解している、ということに安心感を感じます。
電話で英語を話すとき、あせることが多いのですが、こちらのいうことをよく理解してくれていると思うと、言葉を言い直す余裕ができて、結果的にコミュニケーションが取れやすくなることに気づきました。
数年間、この仕事に携わってきて最近体感したこの感覚を大切に、さらにより良い会話ができるようになりたい、と思います。

イギリスの18~19世紀の女流作家 ジェーン オースティンは、私が卒論のテーマに選んだ作家で、最近スカパーで彼女の作品の映画をよく見ています。
イギリスの田舎の中流社会に生きる女性の私生活についてのストーリーです。
特に大きな事件がある訳ではない平凡な日常の心の揺らぎや気づき、人間関係などを描いていますが、オースティンの描く人間像とイギリスの生活様式を映像で見ていると、なんだかとても懐かしい気がします。
いつか、イギリスは訪れてみたいと思っています。
スポンサーサイト
10:18  |  日記  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

近況

2009.05.13 (Wed)

昨日はIT研究会の定例会、メンバーのそれぞれの近況や仕事についての課題などを話し合えて、とても有意義だったし、いろいろと意見も聞けて心強く思いました。

気が付けば、先月からブログを更新していませんでした。
「国東」の共同ブログのほうでは、2の付く日が私のブログなので、よろしかったら覗いてみてください。もちろん私以外の方のブログもどうぞ!

先日、主人の妹からバラの苗を7本も頂いたので、今朝半分ほど、庭に植えました。仕事があるので、すべてを植えられなかったけれど、残りは夕方か明日にでも・・。我が家の庭は細長い庭ですが、これで合計15本以上のバラの木があることになります。数年前から育てている(というほど世話をしていませんが)バラがきれいに咲き始めています。このシーズンはバラに癒されます。

さて、今日は遠い親戚のお通夜に参列しなければなりません。
夕方までに商品の発送を完了しなければ・・。
11:41  |  日記  |  Trackback(0)  |  Comment(2)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。