05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

「鍋焼きうどん」 つくねは、もも肉で

2008.11.21 (Fri)

今日はちょっと暖かいですが、一昨日、昨日と寒かったですね。
夕食に何か暖かいものをと、鍋焼きうどんを作りました。

実家は料理屋(母が他界し店をたたみましたが)で、鍋焼きうどんには、はまぐりと白身魚と白菜などの野菜が入っていて、できあがりに入れるゆずの皮の香りと一緒に食べるのがとても好きでした。
それを思い出して、魚介シリーズにしたかったのですが、材料の用意がなかったので、とりあえず、冷蔵庫にあった、鳥のもも肉をカッターでミンチにして、つくねにし、油揚げを甘く煮て、それから海老を天ぷらにし、野菜と卵を落として、鍋焼きうどんを作りました。
結果は、家族にとても好評でした。

鍋焼きうどん作りのコツ(私なりに)は、余りうどんを沢山いれすぎないこと(我が家では通常の1人前より少なめにします)、一人鍋の中でだし汁にうどんが泳ぐくらいにすると、あとの野菜や具を多く入れられます。うどんを欲張って大目に入れると(鍋の大きさによりますが)、沸騰したときにだし汁がこぼれたり、だしが少し蒸発して、「うどん」というメニューの割には、出し汁が少なくなりすぎることがあると思います。

それから、今回つくね用の鶏肉を、冷蔵庫にあった「もも肉」をミンチにして使用しましたが、これがとてもGood!でした。鍋焼きうどんで残ったつくね(生のもの)を翌日の娘の弁当のおかずとして、今度はフライパンで照り焼きにしましたが、どちらかというとこちらの方が、さらに美味しかったです。

これから、「つくねはもも肉」のマイブームがしばらく続きそう、です。
11:47  |  日記  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kitchenview.blog95.fc2.com/tb.php/57-4f416521

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。