07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

「知的生活の方法」渡部 昇一著

2008.12.06 (Sat)

知的生活の方法 (講談社現代新書 436)知的生活の方法 (講談社現代新書 436)
渡部 昇一

講談社 1976-01
売り上げランキング : 1348
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


私がはじめて、この本を読んだのは、次女が生まれてまだ間もない頃だったと思います。
「知的生活」をしたい、つまり本当に学びたいと思ったのは、高校時代・大学時代・OL時代でもなく、結婚して子供を生んだ後だったというのは、どうなんでしょう?
とにもかくにも、私が本当に学びたいと思った頃に出会ったのが、この「知的生活の方法」でした。
前回に紹介した「クオリティ・ライフの発想」も大変知的に刺激を受けるものでしたが、この「知的生活の方法」の方が、衣食住にわたって細かく考察が述べられています。時には歴史上の知的偉人の例を挙げながら、そしてもちろん、渡部先生ご自身のそれまでの実に人間味あふるれる知的体験術が披露されています。

この本には、当時の私が特に大切に思われた箇所にインデックスやラインを引いています。渡部先生は本を読んで、感銘を受けたところや関心の強い場所にはラインやしるしをつけることを薦めています。確か、勝間さんはライン等をつけると、今度読み返すときにその箇所が目に入りやすいので、それ以外のところの重要性を逃してしまうかもしれない、と仰っていたと思います。反対に渡部さんは、今度読むときには、大切な場所を押さえて読むので時間の短縮につながり、効率が良いと述べられています。

私は、勝間さんの言われることも、渡部さんの言われることも要を得ていると思えます。
ラインを引いた場合は、要約して読むことになり、もしかしたら一種のフォトリーディングになるのでは・・と思っています。実は、フォトリーディングはその方法について本で読んだだけで、実際にセミナーに参加して学んでいないので、確証はないのでないのですが・・。一方、勝間さんはフォトリーディングは慣れていらっしゃるので、きっとラインなどは引く必要がないのかもしれません。

それから、「タイム・リミット」、「ハマトンの見切り法」の項について。
渡部さんは、イギリスのケンブリッジ大学のスキートが大著「英語語源辞典」を作ったときの方法について、どんな難しい語源の単語にも3時間異常の調査はせず、「見切り」による制限をつけ、とにかく辞書を完成する方が学問に寄与するところが大きいと割り切ったことを語っています。
この例から、私たちも1日24時間を生きていることを踏まえて、時間の使い方は賢明に使うことを強調しています。たとえば、「万葉集」を読了する場合、どんな難しい短歌にも5分以上の時間をかけないこと、タイム・リミットをつけて読めば、比較的短時間に「万葉集」も読了できる。同じ理由で、「知的生活」著者ハマトンも、古典を読むときは、英訳対象になっているもので満足するようにと薦めているそうです。この見切りということは、勉強をする上で、場合によって仕事にも大切な点だと思えます。



01:26  |  渡部 昇一先生  |  Trackback(1)  |  Comment(2)

Comment

勉強になります。

僕も本を読むときはラインを引きますが、
引かないほうが良いという考えかたもあるんですね。
渡部さんも勝間さんも一度読んでみたいと思っていたんで
こんど読んでみます。

大八 |  2008.12.06(土) 18:01 | URL |  【編集】

大八さん

こんばんは!
この「知的生活の方法」は時代を経てもなお、
大変インスパイアされる内容だと思います。
渡部さんが知的生活の本質を語っているからだと思います。
勝間さんの本も大変勉強になっています。
purelemon |  2008.12.06(土) 20:13 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kitchenview.blog95.fc2.com/tb.php/62-a1997b82

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

私のリンクフレンドである、キッチンの窓からのpurelemonさんが、 渡部昇一先生の本でお勧めの本を書いてくれました。 2008.12/06 [Sat]「知的生活の方法」渡部 昇一著 2008.12/04 [Thu]「クオリティ・ライフの発想」 渡部 昇一氏著 この記事を読んで、purelemonさ...
2008/12/08(月) 20:46:29 | シジロロマン

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。