09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

毎日がお祭り

2008.12.22 (Mon)

娘の大学説明会に母娘で上京して来ました。
来春から早稲田大学 文化構想学部に通います。
キャンパスは、早稲田キャンパスから歩いて5分の戸山キャンパスになります。
こちらは、文学部・文化構想学部のキャンパスで女子学生が多いので、
本キャン(早稲田キャンパス)から男子学生がよく来るそうです。(笑)
写真は早稲田キャンパスの大隈重信像と彼が見つめている大隈講堂です。 

大隈重信像

大隈講堂

推薦入学試験に合格した学生の説明会に参加してきましたが、各教授のお話は、ユニークで楽しいものでした。入学まで、本を50冊から100冊読むことも薦められました。最寄駅の高田馬場から早稲田までの通りを歩くことは「馬場歩き」と言われていて、通りには多くの古本屋があります。一冊10円位から様々な古書などが売られており、このような環境で娘がこれから学生生活を送ることをとても嬉しく思うとともに、羨ましくもあります。

ある教授のお話では、「早稲田は楽しい所です。」どれくらい楽しいかというと、以前にある国立大学の教授を10年務めていたときに学祭があって、そのときに学内が盛り上がるのですが、その楽しさが早稲田の場合、毎日あるとのことでした。つまり、「毎日がお祭り」ということでしょう。

また、文学部・文化構想学部の文学部を創始したのは、坪内逍遥であると聞きました。
偉大な先人の姿勢・生き方を尊敬して、その流れを汲んで学び、それを次の世代に伝えるという教授陣の意気を感じました。

教授の話を聞いていると、親の私も段々と意識が高揚してきて、「また大学生になって学びたい」と強く思ってしまいました。
21:43  |  日記  |  Trackback(0)  |  Comment(4)

Comment

私も大学に行きたい

私は学生時代、大学進学に興味がなく就職したのですが、社会に出て資格取得等のため仕事の傍ら勉強をしていくにつれ、好きな事を時間の制約なく学ぶ事の出来る環境がいかにすばらしいものであるかを感じさせられました。
こんな良い環境で勉強の出来る娘さんがうらやましいです。
きいちろう |  2008.12.23(火) 08:04 | URL |  【編集】

きいちろうさんへ

おはようございます。

これからいろいろ学ぶチャンスがあると思うので、お互い頑張りましょうね!v-410
purelemon |  2008.12.23(火) 09:37 | URL |  【編集】

NoTitle

おかえりなさい。
超うらやまシスです。
僕はアマゾンなどで古本も買うんですが、以前高田馬場から
本が送られてきたことがあります。
しかし、僕の娘が東京の大学に行くなんて考えただけで・・・
無理 無理です。旦那さんは悲しんでいませんか?
大八 |  2008.12.23(火) 20:03 | URL |  【編集】

大八さんへ

早稲田は主人のあこがれの大学だったので、とても喜んでいます。まるで、自分が早大生になるかのようです。(笑)
東京に行ってしまうのは、とても淋しいですが、
子どもの背中には羽が生えていると思うようにします。
その羽で羽ばたいて欲しいです。
purelemon |  2008.12.24(水) 07:50 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://kitchenview.blog95.fc2.com/tb.php/68-1b364354

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。