05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

海外からの電話

2009.06.16 (Tue)

仕事柄、海外オークションをよくチェックします。
先週末に主人がオークションで質問をしていた商品について、引継ぎを頼まれていたのを
そのままにしていたら、今日海外電話がありました。びっくり!

最近は、海外電話が段々と慣れてきたとはいえ、いきなり電話で、英語で話されるとちょっと
引きそうになります。相手の英語から、ちょっと母国語は英語じゃないかな?と思いながら
話しました。商品を買うことにして、インボイスを送ってきましたが、最初の説明からすると
トータルが$10.00高いので、今、メールで問い合わせ中です。

海外の人も結構、最初の金額よりも上乗せして、インボイスを送ってくるので要注意です。(苦笑)
気をつけなければ・・!
10:14  |  日記  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

久しぶりのコロッケ作り

2009.06.15 (Mon)

娘たちが大学で県外に出て、私の食生活も激変しました。
一人では、外食に出るかお弁当か何かを買ってきたほうが、安上がりです。
でも・・やはりそれは淋しい。外食も飽きが来るし、お弁当もしかり。
やっぱり手作りが美味しい、と思い今日は久しぶりにコロッケを作りました。
主人が帰ってきたときの為に大目に作り、フリーザーにキープ。

私のコロッケは、牛肉と干し椎茸(もちろん玉ねぎも)入りです。
ジャガイモは、熱いうちにつぶして練乳と塩コショウで味付けします。
練乳を入れるとジャガイモがホカホカと柔らかい感じになります。

一人で食べてもやはり、美味しい!
付け添えに、マカロニサラダとキャベツとカラーピーマンの千切り。
昆布とかつおで取っただし汁で、豆腐の味噌汁。
やっぱり、手作りが一番お腹に落ち着きます。

娘達、夏休み帰っておいでね!
20:37  |  日記  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

いつもと違う

2009.06.12 (Fri)

今日は夕方に仕事を早めに終えて、大分まで買い物に行きました。
クレジットカードのポイントが溜まり、商品券をゲットしたので洋服でも見ようかな、と思い立ったので。
夕方から大分に出ることは滅多にないのですが。

トキ○の1Fで、アクセサリーを薦められ、いくつかネックレスを首に当ててみたり、洋服売り場で、何着かのワンピースやブラウスを着てみたり・・。店員さんが、「色々と着て楽しんでみて下さい」といってくれたので調子に乗って試してみましたが、コレという決め手の服がなくて、結局何も買いませんでした。

トキ8は、今はなくなって7時までのようで、7時直前に地下の食料品売り場に行ったら、見事にお弁当類は完売していて(多分、7時までに値下げして売り切ったのでしょう)、夕食を買って帰れなくなりました。

車の中で、夕食はどうしようと考えながら、ついにどこにも買い物に寄らずに帰宅して、野菜サラダとフルーツコーンのヘルシーメニューを作って食べました。

どこがどうということのない一日でしたが、いつもと違う半日で、サークルの外に出たような気分で、なんだか満足しています。
そうそう、今日はIT研究会のブログ当番日です。
今から更新しなくては・・!
21:08  |  日記  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

レポート提出と書く力

2009.06.09 (Tue)

次女が大学で受けている授業でよくレポートの宿題が出るとのこと。
メディア論の授業で数冊の本のうち1冊を選んで、3,000字の提出をしなければならないらしい。
その本の内容が大変難しく、お手上げということだったので、私もどんな本かなと県立図書館で借りてきて読んでみた。
娘の言うとおり、理解するには難解な本だった。
書いていることの、大要はわかるのだけれど、どうしてこんなに難しく書かなくてはならないのか、と思っていたら、アマゾンのHPで同じ感想を持っている人のレビューが紹介されていた。
「かんたんなことを難しく書いてある」という感想だった。
世にはこんな本もあるんだ~と変な感心をしたのと、こんな本にレポートを課す教授の意図は何だろうか、と考えさせられた。それとも、これってやっぱり内容のある本?


知恵の樹―生きている世界はどのようにして生まれるのか (ちくま学芸文庫)
知恵の樹―生きている世界はどのようにして生まれるのか (ちくま学芸文庫)Humberto Maturana R. Francisco Varela G. 管 啓次郎

筑摩書房 1997-12
売り上げランキング : 116977

おすすめ平均 star
starオートポイエーシスの源
starわかりやすいことをわかりにくく
star思考・志向をずらす為に

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


娘のレポート作成のために何かアドバイスをしたいと思って、最後まで読みましたが、大変骨が折れました。娘の「書く力」が今後ますますつくように、頑張って欲しいです。
07:57  |  日記  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

安心感

2009.05.27 (Wed)

[朝食] スコーン チーズクリーム添え・豆腐の味噌汁、ご飯、漬物、白和え、玄米茶
スコーンはお友達が来たときや、友達の家に遊びに行くときの手土産によく手作りします。
イギリスでは、アフタヌーンティのときに、クロテッドクリームというのを付けて食べるスコーンですが、この本場のクロテッドクリームは手に入りにくいので、いつもチーズクリームで代用しています。
味噌汁は、昆布と鰹節で出しを取るのが一番好きです。
年齢と共に、食事の量は減りつつありますが、その分、質を大切にしています。
白和えも、大好きです。昨日、夕方無性に豆腐が食べたくなり、夕食に白和えを作りましたが、その残りを今朝も食べました。

食べ物は、心と体に栄養と満足感を与えてくれますが、もうひとつ感じた今日の安心感は・・
よく、海外の仕入先に電話を入れますが、話す英語が長くなると自分でもどんな構文だったかとか、商品の型番とか何をしゃべっているのか、わからなくなるときがあるのですが、相手は私のしゃべることを私以上に理解している、ということに安心感を感じます。
電話で英語を話すとき、あせることが多いのですが、こちらのいうことをよく理解してくれていると思うと、言葉を言い直す余裕ができて、結果的にコミュニケーションが取れやすくなることに気づきました。
数年間、この仕事に携わってきて最近体感したこの感覚を大切に、さらにより良い会話ができるようになりたい、と思います。

イギリスの18~19世紀の女流作家 ジェーン オースティンは、私が卒論のテーマに選んだ作家で、最近スカパーで彼女の作品の映画をよく見ています。
イギリスの田舎の中流社会に生きる女性の私生活についてのストーリーです。
特に大きな事件がある訳ではない平凡な日常の心の揺らぎや気づき、人間関係などを描いていますが、オースティンの描く人間像とイギリスの生活様式を映像で見ていると、なんだかとても懐かしい気がします。
いつか、イギリスは訪れてみたいと思っています。
10:18  |  日記  |  Trackback(0)  |  Comment(2)
PREV  | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。